裂織八寸~米沢

裂織(さきおり)という技法の八寸帯です。

一般的にかがって名古屋帯に仕立てます。

上杉鷹山の時代、米沢の国策として織物が盛んになりました。

裂織は、元々は傷んだり不要になったりした生地を細く裂いたものを用いて織り上げた織物です。

それがいつしか味の有る織物として商品化したんでしょうね。

写真の「裂織」、9月25~27日のみよ志乃店内イベントにて、超破格値にて大奉仕いたします!

★参考上代¥280,000(税別)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です